雑記

(Twitterに書くには長すぎる感想)

LDHアーティストはニアイコールアイドル

こんにちは。先日三代目のライブに行ってきて「いやあれはアイドルだわ」ってつぶやいたらブロックされてそれなりにへこんでからひとしきり笑ったKYです。

TwitterをブロックしただけでLINEはブロックされてなかったので、一応まだ取引とか途中の件もあったし連絡したら「確かにドル売りしてるけど、そうしないと円盤が売れないからであって彼らはアイドルじゃない(要約)」ということを言われたんですけど、「いや売り方の話ではなくてな?」と思ったのでブログを書きます。(要約が間違ってたら申し訳ないけど、わたしにはそう読み取れる内容だったということで)

ブロックされたTwitterで呟くのは陰口みたいで嫌だし、かといってLINEで反論するとなると、そもそもその話題が嫌でTwitterをブロックしたのだろうから本末転倒かなとも思ったので、見る見ないを選択してもらおうと思いました。

(そもそもわざわざ理由を言わずに取引だけ終わらせて縁を切ることもできたところを、わざわざ伝えてくれたということはそれについて議論して何らかの結論に至るつもりがあったのか、はたまたツイートを見たときの怒りをぶつけたかったのかわたしでは判断しかねたとも言う。)

あと単純に承認欲求の塊なので、持論は人の見えるところで発信してこそ!という意識が根底にあります。別にアイドル批判をするつもりもLDHを批判するつもりもなくて、主観に基づいてその二つを比較したりわたしなりのアーティスト論を語りたいだけなのでなるべく中立的に読んでもらえるととても嬉しいです。

 

 

わたしにとってのアイドル

 

さて、ひとくちにアイドル、と言っても人それぞれいろいろなアイドルのイメージ像があると思います。ジャニーズ、韓流、ご当地、地下ドル、二次元アイドル、ぱっと浮かぶだけで5種類もあった。

わたしにとってはジャニーズがアイドルです。別に他をアイドルとして認めない!とか言うわけじゃなくて、わたしがまずアイドルって聞いて浮かぶのがジャニーズなだけね。

ジャニーズに関しては完全に茶の間だったんですが、一応SMAPとYou&Jが好きでした。どっちも今は存在しないと思うとしんみりする。

さて、じゃあアイドルって何ってなるんですけど、わたしは別に歌って踊ればアイドルとは思わないんですよね。SMAPは中居担だったし。コンサートは東京ドームと日産行ければいいやって感じの茶の間だったけど。 

 

 

アイドルだなと思った部分

 

まあそもそも応援グッズの持ち込みOKな時点で「アイドルじゃん!」って思うんだけど。ペンラの代わりにフラッグなのは、文化の違いだなってだいぶ面白かった。あとLDHに興味ない人もこのブログ読んでると思うので「三代目 フェルト」とかも是非Google画像検索してみてね。個人的にめちゃくちゃ愉快だなと思う文化です。自分は絶対持たないし、掲げられたら邪魔だし殺意さえ芽生えるけど。

まあそれはファンの姿勢だからどうでもいいや、三代目って音楽の系統に一貫性がないんだよね。詳しくはないんだけどデビュー当時はバラード系で、そこからPKCZとかCRAZYBOYの色(edm)が濃くなった感じかなって印象なんだけど、かと思ったらHAPPYみたいな曲もあるし。そういうところがとてもアイドルだなって思ったという話なんだけど。どこをどう切り取ってドル売りの話になったのかわからなかった。

まあ最近別グループのCD+握手会券とかアイドルやんwwwみたいなこと呟いてたからそこからかな?とは思う。それについても後述できたらしたい。

 

わたしにとってのアーティストとは「何かを追求する人」なので、楽曲に一貫性がないからその追求したいものが見えてこないんだろうなと感じました。

たとえば、「彼らは楽曲制作にも関わってるからアイドルじゃなくてアーティスト!」っていう主張が上がったと仮定しますね。一応そういうのも反証しておきたいなって思ったので。

上述の通りYou&Jの茶の間だったのですぐにわたしは「チパおるやん」と思いました。もちろんジャニーズだし芸能界だしゴーストライターの可能性も十分あるんだけどそれはお互い様だと思うので、ない方向で話を進めると、関ジャニ∞安田章大、結構作詞作曲やってたよね?んでも彼はアイドルだよね?

「歌唱力・ダンスのレベルが違う」という主張もありそうだけど、その辺りについても一長一短だし才能の一種だと思うんですよね。

特に、あの事務所の意向として「踊れなくなっても」「歌えなくなっても」の部分を補填させる傾向があるからそこを極めているとは思えないし。(例外もいると思う、パルクールのZENくんとか、ダンスだと世界くんとか)

なので、わたし個人としてはあの事務所に所属しているうち「アーティストだな」って思う人はほんの一握り。あとはアイドルかタレントだなって思います。まあ、本人たちが「アーティストとしてこれからも~」みたいなこと書いてるたびにちょっと首を傾げる程度だけど。

 

メジャーデビューしている組については、ライブパフォーマンス用以外でダンスレッスンやってるイメージないもん。忙しいっていうのもあるだろうけど、そんなことする暇あるなら俳優の仕事、モデルの仕事、コレオの仕事、その他いろいろやっておけって感じがある。本人の意思は別としてね。

そしてアイドルであることに本人の意思は伴わないなって思うんだけど、わたしは。本人がどんなにアイドルであることを拒絶しても、事務所としての育て方が完全にアイドルだと思うし、ついてきてるファンもアイドルのそれ。

ある程度アイドルとしてグループ活動して、限界が来たらマルチタレントとして売ろうとしているんだろうなって思います。それが悪いことだとは全然思わないけど。その方が長く食べていけるしね。

歌はともかく踊り続けることには限界があるっていうのは先輩たちが見せてくれたと思うので「ダンスで一生食べていく環境」じゃなくて「ダンスをきっかけに一生食べていく環境」を作っている事務所だと認識しているのよ、わたしは。正直ボーカルたちはどうするつもりなのか全くもって予想できないけど。一応EXILEセカンドも三代目も、それぞれのボーカルにソロ仕事与えてはいるものの、それだけってなったときATSUSHI以外って大丈夫なんかなって疑問に思う。

もともとパフォーマーであるHIROが作ったグループで、彼が作った事務所だから、パフォーマーが生き延びる方法を考えるのは得意なんだろうなって思うけど。その辺を先輩として考えて行かなきゃいけないのかと思うとATSUSHIも大変だよなあと思います。司会者とかコメンテーターには向かないし、作曲スキルを上げて自分でも歌いながら他に楽曲提供が有力かなとも思うんだけど、後輩たち全員にそのスキルあるかもわからんしね。

 

話がだいぶ逸れたけど、とりあえずこんなもんかなってところまでは書けた気がする。これだけのことをLINEで打ち出して伝えるのも面倒くさかったっていうのもある。

あくまで本業は歌手・ダンサーだし、みたいなところなんだろうけど、例えば三代目の岩田剛典って聞いて世間的に浮かぶのって踊ってる姿じゃなくない?って話というか。売り方というより育て方・方向性・終着点の話。

例えば彼らの中から何人かでダンスユニットを組んで、ダンスバトル系のイベントに参加してスキルを磨き続けてるとかだったらわたしもさすがにアイドルだなとは思えないんだけど。もしくは殿堂入りして審査員みたいな立場になったり、ゲストパフォーマーみたいな立場になったり、そういうのは普通にすごいな~と思う。

でもそうじゃなくて「将来のために」って歌やダンス以外の仕事を受けてるわけだし。事務所の指示だとしても、まあやってることアイドルと何が違うの?ってなるんだけど。

 

以下もし読んでいたときのための私信

そもそもアイドルの何が悪いの?馬鹿にされてる気分になるとか?だとしたらあなたアイドルを下に見てるってことになるけど。

本人がアイドル扱いを望んでないからって、アイドルじゃないって判断するのはあまりにも感情的かつ短絡的で「らしく」ないなあと思ったので、(少なくともわたしよりは頭がいいと思っているので)なるべく頭の整理をしてこのブログを書いてみました。

 

個人的には論拠を調べる時間が足りなかったかな~とか、まだまだ理論的に穴だらけだな~とかあるんだけど、言葉がわたしにとって唯一のツールだから何かしら書き残しておきたかった。

 

ここまでで既に3000字を越しているので、ドル売り(円盤売り上げ関連)についてはまた何か別の機会に書ければいいな~と思いました。とりあえずオリコンの2017年上半期シングル売り上げとかの話とか、LDH名物スクラッチの話とかね。

あと円盤が売れないアーティストがどうやって稼いでるかって話とかもそこでできたらいいな。ほんとこのブログの方向性も謎だな。まあなるべく伏字も使わないようにしてるし、書きたいものを書いているっていう一貫性はあると信じています。

 

ではでは~